鍵穴ブリッジフレーム

みなさんこんにちは! 眼鏡・補聴器の老舗。創業119年セイビドー本店の清見です! 以前にフレーム選びの参考にと思い『ボストン』ウェリントンなどの型をご紹介しました。 今回は『キーホールブリッジ』と呼ばれる耳慣れないタイプのブリッジのフレームです。 L5qUBwdSXVqYQKY1403938588.jpg まずはこちらをご覧ください。 レンズとレンズをつなぐブリッジの部分が鍵穴に見えませんか? 下の写真はウェリントンのキーホールブリッジです。 3Uwhjnh9KsnSTXw1403938438.jpg こちらはボストンタイプのキーホールブリッジ。 prDkX18LuFXNPp11403938521.jpg このキーホールブリッジはどういうシーンで向いているかと言うと、ボストンやウェリントン等の玉型のフレームに用いられる事が多いので、お顔を個性的に、柔らかく、知性的に見せてくれます。 普段は現在流行のスクエアタイプのフレームを掛けているセイビドー社員の市川さん(笑) XQoDZHpeX7EIzgz1403939491.jpg ウェリントンのキーホールブリッジのフレームで少し柔らかな雰囲気になったようです(笑) BkWNOgMA4ZYVQiS1403939521.jpg フレームの違いでこんなに雰囲気が変わるんですよ! 清見でした('▽')ノ